ニホンカワトンボ(日本川蜻蛉)の羽化が始まった

 2020年の初見3種目はカワトンボ科のニホンカワトンボ(日本川蜻蛉)。  4月4日、南東乃至南南東の風だった。前日に探索に訪れた時は全く姿のなかったニホンカワトンボがごく当たり前のように姿を現していた。流水から伸びた草に止まり、ヒトが近付くとぎこちなく飛んで逃げた。飛んで逃げるといっても、1から3mほど移動するだけ。  そして、ぎ…
コメント:0

続きを読むread more

翅を開かない当日羽化のダビドサナエ(だびど早苗)

 2020年の初見2種目はサナエトンボ科のダビドサナエ(だびど早苗)。  4月3日の日中は南乃至南東の風だった。4月5日が北西風とのことだったで、前倒しでトンボ観察に出かけた。3月28日に羽化間もないテネラル(teneral)なアジアイトトンボ(亜細亜糸蜻蛉)の雌を見たので、先ずはその続き。  池での観察の結果は、赤色系が目立つ…
コメント:0

続きを読むread more

ツマキチョウの吸蜜

 今年もツマキチョウ(褄黄蝶)の季節がやって来た。一見紛らわしいモンシロチョウ(紋白蝶)は記録はしなかったが、こちらはしばらく前から飛び回っていた。  ツマキチョウはモンシロチョウ達に混ざって飛んでいると、意識しない限り見落としてしまうかもしれない蝶である。  2020年4月3日、ふと、閉翅のツマキチョウに気付いた。羽化間もない…
コメント:0

続きを読むread more

アジアイトトンボ(亜細亜糸蜻蛉)

 2020年の初見1種目はイトトンボ科のアジアイトトンボ(亜細亜糸蜻蛉)。  3月28日、毎年観察している池はショウブ(菖蒲)の葉が伸びだしてきていた。この日は、午前晴れ、午後曇り。そして、夜は雨の天気予報だった。  この池で一番に羽化するのがアジアイトトンボ。暖冬で春が早いとのこともあり一週前から覗きだしたが、水面から葉先を出…
コメント:0

続きを読むread more

カワトンボ科 ミヤマカワトンボ(深山河蜻蛉)

 2019年5月8日、ミヤマカワトンボ(深山河蜻蛉)の姿があった。昨年(2018年)は5月5日に雌を見ている。同じ観察地なので成虫の出現時期が同じということが分かった。4月の低温期が長かったが、ミヤマカワトンボは5月上旬に順当に羽化できたようだ。 画像 1 ミヤマカワトンボ 雄   流れの石の上でミヤマカワトンボの雄が止まって…
コメント:0

続きを読むread more

サナエトンボ科  ヒメクロサナエ(姫黒早苗)

 昨年(2018年)は4月28日に羽化間もないヒメクロサナエ(姫黒早苗)を見た。今年も、山地に通いながら、気にして見ていたのだが、4月中旬までの低温が影響してか山地の春は遅く、ヒメクロサナエは姿を現さなかった。  ヒメクロサナエの幼虫は2年で成虫になるとのこと。今年は外れかと思い始めた頃、5月4日になって羽化途中と羽化直後の個体を見る…
コメント:0

続きを読むread more

イトトンボ科 クロイトトンボ(黒糸蜻蛉)

 2018年はクロイトトンボ(黒糸蜻蛉)の発生が遅かったが、2019年もちょっと遅めになったようだ。5月3日に当日羽化と思われる雄を見た。  全くの偶然で、眼前に止まった姿を目撃した(画像 1 )のであった。短時間の出来事で、記録撮影をしただけで、高い枝に逃げられてしまった。体色がまだ発色していない雄だった。  羽化して間もない状態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サナエトンボ科 ヤマサナエ(山早苗)

 ヤマサナエ(山早苗)は胸側に2本の黒条がある中型の早苗蜻蛉。中型の早苗蜻蛉としては出現時期が早い蜻蛉のようだ。  丘陵地帯の野周りでは見かけるのが稀で観察対象としては難易度が高くなってしまう。山地では明るい沢筋で見られる。今までに丘陵地帯の野周りと、山地の明るい沢筋でしか見たことがないが、山地の沢筋の方が生息密度が高いように思える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンボ科 ハラビロトンボ(腹広蜻蛉)

 5月3日、湿地化した廃田で、羽化間もない未熟なハラビロトンボ(腹広蜻蛉)を発見。昨年(2018年)の羽化間もない未熟なハラビロトンボの初見は5月4日なので、ハラビロトンボの季節の到来は順当と思われる。 画像 1 ヤハズエンドウに止まるハラビロトンボの若い雌    ハラビロトンボは知っているのだろうか。ヒトの眼を誤魔化すことを。当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンボ科 シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)

 同属のシオヤトンボ(塩屋蜻蛉)にほんの僅か遅れて出現するシオカラトンボ(塩辛蜻蛉)。シオヤトンボは6月には姿を消してしまうが、こちらは日差を持って、少なくとも2段編成で大量発生し9月までは当たり前に見られる蜻蛉である。 画像 1 水を張った田の脇で雌を待つシオカラトンボ 2019年5月12日    2019年は4月の低温の影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンボ科 シオヤトンボ(塩屋蜻蛉)

 シオヤトンボ(塩屋蜻蛉)は、まだ肌寒い4月に、他の不均翅亜目(トンボ亜目)の蜻蛉に先駆けて、いの一番に姿を現す。  野周りで日向ぼっこをする若いシオヤトンボを見るようになると、11月までの蜻蛉シーズンの開幕である。  南東風が冷たい4月21日、南東風を避けて陽だまりで過ごすシオヤトンボの姿を求め探索地を彷徨っていた。  2箇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワトンボ科 ニホンカワトンボ(日本川蜻蛉)

 2018年は4月11日に当日羽化と思われるニホンカワトンボ(日本川蜻蛉)を見た。そして、その後の観察で、交尾も産卵も確認した。  そこで、今年も間違いなく見られるだろうと思い初見日を気にしていた。ところが、観察地に何回か足を運んだが、ニホンカワトンボの姿を見い出すことが出来なかった。 画像 1 ニホンカワトンボ 当日羽化の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イトトンボ科 アジアイトトンボ(亜細亜糸蜻蛉)

 アジアイトトンボ(亜細亜糸蜻蛉)はイトトンボ科 アオモンイトトンボ属の蜻蛉。そして、成虫で越冬する種(* 1 )を除いて、春一番に姿を現す蜻蛉として知られている。  また、アジアイトトンボは池や沼、そして田圃などで見られる止水性の小さな糸蜻蛉。稀だが、流水環境でも見ることが出来る。   画像 1 アジアイトトンボ 雄    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サナエトンボ科 ダビドサナエ(だびど早苗)

 ダビドサナエ(だびど早苗)はサナエトンボ科のダビドサナエ属の蜻蛉。日本特産種で、河川の中流域から上流域まで普通に見られるという。  確かに川筋では、春から初夏にかけて、雌を待つ雄の姿が見られる。体長50mmほどの小さな早苗蜻蛉だが、眼が慣れればあちこちの石の上などに姿が見えてくる。  この地でサナエトンボ科の蜻蛉が何種類見られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスジギンヤンマ産卵

2017年は、5月3日がクロスジギンヤンマ(黒筋銀蜻蜓・黒条銀蜻蜓)の初見だった。 その時は雌探しの雄だった。そして、随分と早い登場だと思った。 さらに、5月5日は産卵する雌を見て、記録している。産卵も2016年までの記録よりも随分と早いものだった。 ところが、2018年は従前の野周り(丘陵地帯の散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外な場所で未熟なアキアカネ

2018年6月9日、20種目、アキアカネ(秋茜)。 意外な場所で未熟なアキアカネを見た。例年、6月になると、野周り(丘陵地帯の散歩)の際、最寄の何処かで羽化したと思われる未熟なアキアカネを見る。 ところが、山地の沢の、ヒメクロサナエ(姫黒早苗)の棲むような場所で、未熟なアキアカネを見たのだった。   樹上から降りてくれないヒメク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コシアキトンボ、未熟なオス

2018年6月3日、どうにかコシアキトンボ(腰空蜻蛉)の姿が撮れた。 コシアキトンボは5月27日が初見だったが、その時は撮りそびれていた。まだ若い雄だった。時間の余裕でもあれば、粘って撮ったのだがそれはできなかった。 そして、6月3日、雌探しで縄張りを周回する成熟した雄を見た。その成熟した雄はちょうど好い所にとまってくれなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝶を狙うコオニヤンマ

2018年のコオニヤンマ(小鬼蜻蜓)の初見は狩りから始まった。 6月2日のこと。山地の枝沢になる広めのくぼに入ったら、虎皮縞模様(黒地に黄色の縞模様)の大きな蜻蛉が蝶を襲っていた。 キアゲハ(黄揚羽)、キタキチョウ(北黄蝶)と襲ったが、それぞれにタイミングが合わずに、逃げられていた。 蝶を狙う虎皮縞模様の大きな蜻蛉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウジタデを食うセスジスズメの幼虫

セスジスズメ(背筋雀)の幼虫がチョウジタデ(丁字蓼)を食っていたので、証拠画像とともに記録することにした。 スズメガ科コスズメ属のセスジスズメは、成虫でも幼虫でも街中でよく見掛ける。が、丘陵地帯や、その山麓では気にしたことがなかった。 成虫は、翅の形が三角翼(Delta wing)の戦闘機を連想させる。ちょっと恰好いい蛾である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月の蜻蛉 その2

「蜻蛉の紀 2018」7月分の公開予定記事。 「2018年7月の蜻蛉 その1」の続き。 7月14日、32種目、オジロサナエ(尾白早苗)。「まだ旅立たないオジロサナエ」(仮題)。 画像 1 オジロサナエの雌 羽化地にて   流水脇の樹下の草むらに小さな虎皮縞模様(黒地に黄色の縞模様)の蜻蛉を見出した。 眼と眼(複眼)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more