テーマ:蜻蛉の紀

まだ交尾をしないシオヤトンボたち

2016年5月14日、羽化して間もないシオヤトンボ(塩屋蜻蛉)を確認した4月16日から4週目。 丘陵地帯山麓の水辺や、その周辺はシオヤトンボの姿が多い。 複眼の色や、体色の様子が、成熟したと思わせる姿だが、まだ、交尾や産卵は見られない。 この水辺、1週前の5月7日は、シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)の雄たちが水際を占拠した。 とこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロイトトンボの交尾と産卵

2016年5月14日、丘陵地帯山麓の水辺の水面は、ハスの花が咲き始めていた。 ハスの葉の上では、あちこちにクロイトトンボ(黒糸蜻蛉)たちの姿があった。 単独で雌を待つ雄の姿が多いのだが、雄雌の連結姿も目立った。 この水辺では、クロイトトンボの雌雄は、ハスの葉の上で連結になって、しばらくすると交尾状態になる。 その後、連結のまま移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見掛けが、成熟したシオヤトンボたち

2016年5月7日、羽化して間もないシオヤトンボ(塩屋蜻蛉)を確認した4月16日から3週目。 体色の様子が、成熟したと思わせるシオヤトンボの姿が見られるようになった。 画像 1 水際の近くに遠慮がちにとまったシオヤトンボの雄   この日、丘陵地帯山麓の水辺にシオカラトンボ(塩辛蜻蛉)の雄たちが突然に現れた。そして、水際を占拠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賑やかになってきたクロイトトンボたち

2016年5月7日、丘陵地帯山麓の水辺の水面はクロイトトンボ(黒糸蜻蛉)たちで賑やかになっていた。 この水辺でのクロイトトンボの今年の初見は5月1日。その時は雄が数匹のみだった。 ところが、1週後のこの日は、水面の水草の上はクロイトトンボ達が数多く賑やかだった。 クロイトトンボ達は、ひたすら雌を待つ雄の姿が多かった。また、雌雄の連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水辺に現れたシオカラトンボの雄

2016年5月7日、丘陵地帯山麓の水辺にシオカラトンボ(塩辛蜻蛉)の雄が現れた。 複眼と体色から、ほぼ成熟した雄だった。 この水辺、昨年(2015年)は、5月3日に、突然のように、シオカラトンボとシオヤトンボ(塩屋蜻蛉)が沢山現れた。 そして、立ち止まれば、周囲は蜻蛉だらけだった。 ところが、この日、確認したのはシオヤトンボを混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食事中のシオヤトンボの若い雄

西日の当たる切通しの法面に腹部背面が白色になった1匹のオヤトンボ(塩屋蜻蛉)がとまっていた。 尾根が南東の風を遮っているので、暖かだった。 ファインダを覗くと、口に何かをくわえているようだった(画像 1 )。 どうやら、捕獲した餌を食っているらしかった。 画像 1 切通しの法面にオヤトンボ(塩屋蜻蛉)がとまっていた   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワトンボの仲間 若い雌

2016年5月1日、この日は、時間の余裕を持って、前日にカワトンボの仲間を見たくぼ地形を訪れた。 前日は、先の予定が詰まっていたので、じっくりと観察できなかった。そこで、この日はじっくりと観察するつもりで出掛けた。 前日見たカワトンボの仲間は未同定のまま。だが、この日、じっくりと観察すれば同定の手助けになると思ったのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワトンボの仲間 若い雌雄

2016年4月30日、水辺周辺の若いシオヤトンボ(塩屋蜻蛉)の観察を済ませ、稜線を目指した。 稜線上の観察植物たちの変化を観察するためである。 くぼ地形を上っていると、ルリタテハ(瑠璃立羽)が林の中をゆっくりと飛んでいた。 もしかして、産卵株を物色中なのだろうか。 林の中のルリタテハはいつも忙しく飛び回っているの。ところが、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若いシオヤトンボたち

2016年4月30日、晴れ。最高気温は20℃程度の割と穏やかな日だった。 水辺と、その周辺ではあちこちで若いシオヤトンボ(塩屋蜻蛉)たちが日向ぼっこをしていた。 画像 1 日向の岩にとまる若い(未成熟な)シオヤトンボの雄   南の日を浴びて、若いシオヤトンボが岩にとまっていた。 複眼の色、体色共にまったく未成熟そのものであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シオヤトンボ 若い雌雄

2016年4月24日、若いシオヤトンボ(塩屋蜻蛉)の雌雄を見た。 まだ、未成熟なので、複眼の色が灰色であった。 画像 1 ~画像 3 は、若い雌の芸当。 顔面を含め正面からの画像を記録した。若いシオヤトンボの雌が、全脚(6脚)を接地していた。 撮影をしていたら、ふと、前脚を畳んだ。一見、4本脚になった。 そして、間もなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若いシオヤトンボのオス達の日向ぼっこ

2016年4月23日、南東の風を避け、西日の当たる斜面で、若いシオヤトンボ(塩屋蜻蛉)の雄達が日向ぼっこをしている姿が目立った。 若い雌もいたが、若い雄の方が多かった。 画像 1 西日で蓄熱した岩で暖を取る若いシオヤトンボの雄   複眼の色が灰色味がかり、偽瞳孔状のものが出ている。複眼の色は、まだ未成熟の証である。 腹部背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more