テーマ:日曜散歩

ネジキの狂い咲き

9月1日、ネジキ(捩木)の花が咲いていた。狂い咲きである。日曜散歩は2回休んでしまったので、中2週間の様子は分からない。しかし、花は新鮮な感じがしたので、咲いて間もない花であろう。 6月に、ちょうど、同じ樹の花を撮影しているので、以下に画像を貼っておく。 ネジキ(捩木)  ツツジ科ネジキ属  Lyonia…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の丘陵散歩

2012.11.25 丘陵地帯の散歩の記録 久々の日曜散歩。出始めが遅れてしまった。 前回の10月21日から5週間振りの散歩。 歩き始めると、狐の尾のような花後のキツネノマゴ(狐孫)が目立った。ナギナタコウジュ(薙刀香薷)は、花後が毛虫を連想させるような状態になっていた。 画像 1 観察株のコウヤボウキ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

正体不明のアザミ

2012.10.21 丘陵地帯の散歩の記録 その2 稜線の、伐採されている草地に、正体不明のアザミが咲く。 門田裕一さんの、日本産アザミの分布と分化 の、「アザミ属の分類形質」を、参考に観察してみた。 画像 8 頭花 天向き 素人観察によると、総合的には、ノハラアザミに近いのであろうと思っている。 根生葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウヤボウキ咲く

2012.10.21 丘陵地帯の散歩の記録 その1 先週に引き続き、丘陵地帯へ散歩に出掛けた。先週の散歩の記録は、「10月の丘陵散歩 -1 」と、「10月の丘陵散歩 -2」に、記事として記してある。 先週はまだ蕾だったコウヤボウキ(高野箒)が咲いていた。 画像 1 コウヤボウキ光量不足と、微風で揺れるので撮影は困難を極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月の丘陵散歩 -2

10月の丘陵散歩 -1 からの続き 弁当休みの後、次の目的地を目指し移動を開始した。 画像 10 ツリガネニンジン移動を開始してすぐに、ツリガネニンジン(釣鐘人参)が咲いていた。歩き始めだが、ついでなので、ちょっと、道草撮影。 ツリガネニンジンを見た後は、次の目的地を目指す都合もあり、あまり脇目は振らないように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月の丘陵散歩 -1

10月14日、2箇月半振りに丘陵地帯へ散歩に出掛けた。 そのときの記録。 初めて、ナギナタコウジュ(薙刀香薷)の花を見た。昨年の10月は、一度も丘陵散歩へ行けなかった。昨年の暮れ辺りに、花後のナギナタコウジュを見つけて、どのような花が咲くのか見てみたいと思っていた。 画像 1 ナギナタコウジュ花が片側に付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウグイス啼く

4月1日、丘陵地帯へ散歩に出掛けた。ウグイスが啼き、ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)が咲いていた。 山道に分け入り、竹林の手前で、甘露な香りが漂っているのに気付いた。 目の前にウメ(梅)が咲いていた。佇んでいると、甘いウメの香りに酔ってしまいそうなので、その場所を早々に後にした。 竹林を抜け、篠が目立つ雑木の中を進む。蜘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春が来た

3月25日、5週間ぶりに丘陵地帯へ散歩に出掛けたら春が来ていた。 日曜日ごとに足を運んでいる丘陵地帯、体調を崩し日曜散歩は休んでいた。 山道に分け入ると、新しくはないイノシシ(猪)の糞があった。2月19日にはなかったので、2月19日以降のもの。 湿地の脇にウメ(梅)が咲いていた。 画像 1 梅の花 昨年の12月4日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Spring ephemeral カタクリ

カタクリが咲いていた。 体調を崩し日曜散歩は休んでいた。5週間ぶりに丘陵地帯へ散歩に出掛けたら春が来ていた。 画像 1 カタクリ、花と蕾 カタクリは、緑があふれる前の春の訪れを知らせてくれる早春の花。 カタクリ(片栗) ユリ科カタクリ属 学名 Erythronium japonicum 画像 2 咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more