テーマ:銀輪紀

重陽の節句に -3

弁当を取るために、日陰を求めて、移動した。 そしたら、ネナシカズラがあった。 ネナシカズラの類を初めて見かけたのは昨年のこと。始めて見たときは、カップラーメンの麺が草の上に撒かれているように見えた。場所は、土手上の道の脇だった。 画像 13 ネナシカズラの類ネナシカズラの類の識別の知識がないが、とりあえず撮影した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重陽の節句に -2

目的地の一角に辿り着いたが、すでに除草作業が済んでいた。 お目当てのオオキンケイギク(大金鶏菊)は刈られてしまった。 藪の縁も除草してあった。クズ(葛)の花があったので、撮影した。 画像 7 クズの花と花後。後は葉 未熟だが、果実(豆果)を付けている株も見えた。画像はない。 画像 8 クズの花。下方から咲き上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重陽の節句に -1

画像数が絞れないので、3回に分けて書いてみる。 9月9日、日曜日。 日曜日なので、本来ならば、近くの丘陵に散歩へ出掛けるわけだが、時刻が遅れてしまったので、散歩は止めにした。 弁当は用意したので、道草銀輪紀の「カラスウリもあった」の場所を目指して銀輪散歩へと出掛けてみた。 画像 1 マルバアメリカアサガオの子葉 基…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

草むらに風渡る

予定をしても体調不良で行けなかったり、出掛けたものの、道草で時間を費やしすぎて、挫折。と、不調の銀輪散歩だが、5月12日は目的地へ行ってきた。直前の探訪が4月7日だったので、実に5週間ぶりであった。 基点までの土手上の道の脇には黄色の花が目立った。 オヘビイチゴ(雄蛇苺)、カタバミ(酢漿草、片喰)、クサノオウ(瘡王、草黄、草王)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立夏の道草

2012年5月5日 立夏。 春の兆しを求めてでも記した道草銀輪紀の「カラスウリもあった」の場所を目指して銀輪散歩へと出掛けた。 午前中の用事をどうにか済ませてからの出発であった。 画像 1 オオジシバリ 5月になって初めての散歩。土手の上の道に移るとき、気になる黄色い花が咲いていた。キジムシロ(雉筵)らしき花と思ったが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の兆しを求めて

2012年2月4日 立春。 春の兆しを求めて銀輪散歩。 午前中は出掛けそびれてしまった。 出発は、昼寝の後。 散歩の初めは、道草銀輪紀のマルバアメリカアサガオ(丸葉亜米利加朝顔)の咲いていた場所。今日は、種子をこぼしていない果実(朔果)が見えた。周りの草たちが枯れてしまったので、覆い隠すものがなくなり、見えるようになったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more