カワトンボ科 ミヤマカワトンボ(深山河蜻蛉)

 2019年5月8日、ミヤマカワトンボ(深山河蜻蛉)の姿があった。昨年(2018年)は5月5日に雌を見ている。同じ観察地なので成虫の出現時期が同じということが分かった。4月の低温期が長かったが、ミヤマカワトンボは5月上旬に順当に羽化できたようだ。 画像 1 ミヤマカワトンボ 雄   流れの石の上でミヤマカワトンボの雄が止まって…
コメント:0

続きを読むread more

サナエトンボ科  ヒメクロサナエ(姫黒早苗)

 昨年(2018年)は4月28日に羽化間もないヒメクロサナエ(姫黒早苗)を見た。今年も、山地に通いながら、気にして見ていたのだが、4月中旬までの低温が影響してか山地の春は遅く、ヒメクロサナエは姿を現さなかった。  ヒメクロサナエの幼虫は2年で成虫になるとのこと。今年は外れかと思い始めた頃、5月4日になって羽化途中と羽化直後の個体を見る…
コメント:0

続きを読むread more