アジアイトトンボの未成熟雌 食事と昼寝

2017年4月23日、昼食後、溜池のショウブ(菖蒲)の茂みを覗いたら、赤色系が目立つ雌の糸蜻蛉がショウブの葉にとまっていた。
初めて見たアジアイトトンボ(亜細亜糸蜻蛉)の未成熟雌であった。
胸部側面、後頭部、それと、額(前額と頭楯)辺りが、濃い橙色もしくは煉瓦色。とまっている緑色のショウブの葉とのコントラスト比が明瞭で、成熟した雌に比べると、よく目立ち、発見し易かった。


画像

画像 1 アジアイトトンボの未成熟雌   


予備知識がなかったので、アジアイトトンボと別種の蜻蛉と思ってしまった。
体長は目測で、35から40mmだった(画像 1 )。


画像

画像 2 餌を食うアジアイトトンボの未成熟雌   


飛んでいる虫を捕まえてきたのだろ、餌を食っている個体がいた。
上品に前脚で餌を押さえながら食っていた(画像 2 )。

画像 2 の、この雌が餌を食っている最中に雄が背後から近付いたら、腹端を上方に反り上げた。
腹端を上方に反り上げたのは、「食事中なので後にしてくれ」と、交尾拒否の意思表示と思った。


画像

画像 3 餌を食うアジアイトトンボの未成熟雌 斜め後方では雄がうかがっている  


雄は諦めきれないのか、食事中の雌の斜め後方の、ショウブの花穂(まだ開花していない)にとまった。


画像

画像 4 未練がましく雌をうかがう雄  


ショウブの花穂に止まり、未練がましく雌をうかがうようだったが、間もなく去っていった。

雄が去っても、雌は、何事もなかったかのように、ひたすら餌を食っていた(画像 5 )。


画像

画像 5 まだ餌を食っているアジアイトトンボの未成熟雌   


ようやく完食(画像 6 )。
ずいぶんと長い食事時間と思ったが、撮影データで、撮り始めから、2分38秒間であった。


画像

画像 6 餌を完食したアジアイトトンボの未成熟雌   


葉から離れるようにとまっていたが、葉に沿うようにとまりなおした。

引き続き、食後のアジアイトトンボの未成熟雌を眺めていたら、蜻蛉と私の間をツマキチョウ(褄黄蝶)の雌が通った。
この春、つい先日だが、別の沢で、偶然、ツマキチョウの雄を目撃した。
ツマキチョウは、この地にはいない蝶と思っていたので、気持ち的に新鮮さのある蝶だ。
また、季節限定の蝶なので、できることなら撮っておきたいと思っていた。

そして、そんな時に、ツマキチョウの雌が通ったので、蜻蛉観察を中断して、追いかけた。
結局、とまった場所と、タイミングが悪く、翅裏の網目模様は撮れなかった。

反応の遅い私が、すんなりと追いかけたのには訳があった。
アジアイトトンボの雌でなく、私の食事(弁当)の時に、ツマキチョウの雄がやって来た。そこで、この辺りにも、ツマキチョウが棲んでいるのかと思った。
ちょうど、1時間ほど前のことだった。割と、直前記憶に、この辺りにもツマキチョウが棲んでいる。と、そんな予備知識があったものだから、観察中の糸蜻蛉を置き去りにして、ツマキチョウの雌を追いかけてしまった。
ツマキチョウの雌は、カラスノエンドウ(烏野豌豆)の花に短時間とまっただけだった。

ツマキチョウの雌に振られてしまったので、溜池に戻った。
先ほどまで観察していた雌は、同じ葉にとまっていた。

アジアイトトンボの未熟雌は、餌を食っている最中に雄が背後から近付いたら、腹端を上方に反り上げた。
そのときは、交尾拒否の意思表示と思ったが、ガガンボの仲間の出現で、疑問になってきた。
未熟雌が、葉に沿うように垂直方向にとまっている時に、ガガンボの仲間が背後から近付いた。そしたら、姿勢を水平方向にとまり直し、腹端を上方に反り上げた。よって、交尾拒否でなく、別の合図であろうと思った。
「うるさいから、去れ」のような感じなのだろうか。


画像

画像 7 とまる姿勢を変えて食休み アジアイトトンボの未成熟雌   


近くに、赤色系の色が薄めの個体がいたので撮影しておいた(画像 8 )。
雰囲気的には、これから色が濃くなるように思えた。羽化してからの時間が短いのであろうか。


画像

画像 8 アジアイトトンボの未成熟雌 色の薄い個体  


ツマキチョウの雌がやって来た。先ほどとは逆方向から飛んできた。
懲りもせずに、追いかけた。どこかにとまってくれやしないかと、淡い期待を抱いて追いかけた。
結局、ツマキチョウはとまることなく、畑の中の届かない場所に飛んでいってしまった。


画像

画像 9 昼寝か? アジアイトトンボの未成熟雌   


画像 9 の未成熟雌を撮影した後に、羽化間もないシオヤトンボ(塩屋蜻蛉)の姿を求めて移動した。 



アジアイトトンボ(亜細亜糸蜻蛉)
イトトンボ亜目(均翅亜目) イトトンボ科 アオモンイトトンボ属
Ischnura asiatica 
未成熟の雌は初めての観察だった。何日くらいで、赤色系から地味な緑色系に変化するのだろうか。


アジアイトトンボの未成熟雌、全ての観察撮影が、溜池のショウブの茂みでのことであった。
天気、晴れ。気温、18~20℃程度。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック