冬芽の観察 手の届かないイイギリとイヌザクラ

2015年1月10日、冬型の気圧配置で、北西風の強い日だった。
風が強いので、通常の散歩は諦めて、未知の小尾根の偵察をすることにした。
未知の小尾根は隣接する枝尾根が風を遮ってくれたので快適に登れた。隣接する枝尾根に合わさる頃は、勾配が急になり、笹を掴みながらの登攀になった。
藪を漕ぎながら高みを目指していたら、突然に道に出た。そこは、支尾根のこぶの巻き道で、枝尾根の上だった。そして、観察樹に定めてあるカスミザクラ(霞桜)の樹のところだった。
ついでなので、支尾根のこぶの頂上までヤマツツジ(山躑躅)の藪漕ぎをした。
支尾根のこぶの頂上に立つと、北西風に吹かれた。北方に見える山岳地帯は雪で真っ白だった。

稜線の道で、程よく、イイギリ(飯桐)の枝に日が当たっていたので撮影した(画像 1)。
画像で確認すると、冬芽は葉痕の大きさに比べると、頂芽以外の側芽は小さなものだった。
このイイギリはまったく手が届かないので、いつも下から眺めるだけ。谷に落ちる斜面に生えているので、光線の条件が合えば、さほど見上げることもなく低い枝が撮影できる。そして、撮影後の観察ができる。

画像

画像 1 イイギリ 冬芽と葉痕



明るい小豆色の冬芽が沢山付いていて目を惹いたので、イヌザクラ(犬桜)の樹の冬芽も撮影した(画像 2)。
この樹は、昨年(2014年)の5月に開花している時にその存在に気付いた。
イイギリと同じく手の届かない、谷に落ちる斜面に生えているが、斜面の勾配の加減で、張り出た枝が割りと近くで見ることができる樹である。
割りと近くで見ることができる。と、いいながらも、それなりに離れているので、画像では葉痕は写っているだけで好くは見えない。

画像

画像 2 イヌザクラ 明るい小豆色の冬芽



共に手の届かないイイギリとイヌザクラの冬目を観察した後、東方から西方の眺望の得られる風除けの斜面で一服点けて下山した。

この記事の参考画像として、昨年のイヌザクラとイイギリの画像も貼っておく。
この丘陵地帯で散歩を始めた2011年、地面に落ちた未知の総状花序を見たことがあった。その時調べて、ウワミズザクラ(上溝桜)かイヌザクラの花序であろうと見当が付いた。
しかし、ウワミズザクラもイヌザクラも未知の植物であった。
その後、花を咲かせる樹が見つからずに、観察できないままでいた。


画像

画像 4 イヌザクラ 花。昨年の撮影



イヌザクラ、ウワミズザクラが共に同じような花を咲かせるとのことだが、観察経験がなく、種の区別については識別できないでいた。
花(花序)での識別は、イヌザクラは花序枝に葉が付かない。そして、ウワミズザクラは花序の下に葉が付く。という区別方法がある。
しかし、その区別方法は実物を見るまでは理解できないでいた。
画像 4 を見ると、見づらいのだが、「花序枝に葉がない」ことが判った。


画像

画像 5 イヌザクラ 若い果実。昨年の撮影



さらに、果期の萼片の有無でも、イヌザクラとウワミズザクラの区別がつくという。
それは、イヌザクラは果期に萼片が残り、ウワミズザクラは果期には萼片が落ちて残っていない。という区別方法である。
画像 5 は、昨年の若い果実。萼片が果期に残っている様子が写っている。
花期に、離れた所から、花序枝を見て葉の有無を確認するのより、果期に萼片の有無を見る方が容易に思えた。
もっとも、間近で花序が観察できれば、花期に、現地でより容易に判断できるのだろう。

共に、バラ科ウワミズザクラ属のイヌザクラとウワミズザクラだが、冬芽の形状と色合いでも容易に区別ができる。
これについては別の株で観察中である。


画像

画像 6 イイギリ 若い果実。昨年の撮影



イイギリについては観察し易い株を物色中。
画像 6 のように、見上げた果実を撮影しても、物足らない。できることなら近くで観察してみたいものである。



ところで、この日に偵察した小尾根での収穫。
トゲ(鋸歯)のなくなった葉も付けているヒイラギ(柊)の発見。
枝によって、丸葉(全縁)の付いたヒイラギがあった。樹高は3.6m程度。
一口に、「ヒイラギは老樹(老木)になると葉が丸くなる」という。興味深いことである。そんなことを知ってからの後、とある寺院の庭で丸葉が混在しているのヒイラギを見たことがある。住職さん曰く、「かなり古い樹だから、トゲがなくなって、丸い葉になる」とのことだった。
樹齢を尋ねたが不明だった。
何年くらいからヒイラギが老樹になるのかは定かではない。が、この日見たヒイラギは、とても老樹とは思えなかった。
ちょっと回り道をすれば行けそうな場所なので、不定期に観察してみようと思っている。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック