ミツバツチグリ咲く

土手の下、初めての場所に足を踏み入れた。
タンポポが咲いていた。観察すると、カントウタンポポ(関東蒲公英)だった。先へ進むと、別の黄色い花が咲いていた。
初めて見る花だった。

その初めての花を見て、ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)が咲いた。と、思い撮影してきた。
明るい黄色の花。
ヤブヘビイチゴは、昨年の11月26日に果実は見たが、花は初めて見る。

画像

画像 1 ミツバツチグリ


よしゆきさんのサイト、「松江の花図鑑」で、ヤブヘビイチゴを確認。
ところが、明らかに花が違う。

花図鑑」のメニューに、「似た花の比較」がある。その「似た花の比較」中の「ヘビイチゴに似た仲間」を参考にして、ミツバツチグリ(三葉土栗)と、判った。

画像

画像 2 葉の形 ヤブヘビイチゴよりも長い


ヤブヘビイチゴと比べ葉の形も違う。ミツバツチグリの葉はヤブヘビイチゴよりの葉よりも長い形をしている。
「銀輪紀」の春の兆しを求めての画像 2に、ヤブヘビイチゴの葉が写っているので、形の比較ができる。

画像

画像 3 花と蕾


夕刻に、ミツバツチグリを訪れると花を閉じるところだった。

翌日は、小雨。花は閉じていた。

画像

画像 4 雨の日


ミツバツチグリ(三葉土栗)
バラ科キジムシロ属
学名 Potentilla freyniana

土手の下の初めての場所に、しばらくの間、通いそうな気がするので、ミツバツチグリの観察も続きそうである。

覚え
ヤブヘビイチゴは、バラ科ヘビイチゴ属

---
2012.04.14追記
4月13日、花径 18mm 程度。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック